WindowsMobile 用のソフトウエアキーボード touchkeysip に、
前から考えていた機能をいくつか追加しました。

ダウンロード
touchkeysip v1.10


●加速センサー対応

加速センサーに対応した専用バージョン touchkeysip GS をリリースしました。
アーカイブやインストーラを標準版と分けてあります。

Script 内でセンサー値を直接受け取ることが出来ます。
サンプル gsensorsip では本体を傾けることで画像をスクロールしているだけですが、
本体を傾ける向きで 日本語、英数、記号などの入力パネルを切り替えたり、
カーソルを移動させるといった応用も考えられます。
本体のアクションをきちんと処理するのは難しいですが、Script 処理次第では
何らかの動作で文字入力することも出来るかもしれません。


●ステータス領域のアイコン画像の切り替え

標準の SIP だと「あ」「A」など入力文字の状態が表示されているエリアです。
あらかじめ作成したアイコン画像を用意しておけば、状態に合わせて表示を切り替える
ことが出来るようになりました。

またキーボードをデザインした人が touchkeysip ではなく自前のアイコンを表示
したい、といった用途にも使えます。


●管理可能な画像を増量

アイコン表示追加に伴い、複数枚の画像の読み込みにきちんと対応しました。
従来は 2枚まで読み込めましたが、DisplayList に使えないなど中途半端な実装でした。
8 枚まで読み込めてかつ表示やステータスアイコンとして利用できます。
でも表示するデータはできるだけ 1枚にまとめた方が処理は高速だと思われます。


●タイマーの追加

加速センサー対応によって、従来のキーリピートとは別にポーリング用のタイマーが
必要となりました。よって複数のタイマー機能を使えるようにしています。
上限は容易に撤廃できますが API としてはとりあえず 4個まで。


●読み込める画像形式の追加

bmp 以外も読み込めるようになりました。jpeg など。
Script の命令自体は LoadBitmap のままです。
16bit RGB bitmap は直接読み込めないことがあるようです。


●サンプル

gsensorsip v1.00 はこれらの追加機能を実際に使用しています。
実用性は全く無く、あくまで機能のテスト用です。


●注意点

機能の追加や変更が多いため、互換性など何らかの問題がある場合は旧バージョン
v1.09 等を使用してください。
制作時に動作テスト可能な機種や環境も限られるため、必ずしも完全にテストが
行われているわけではない点にご注意ください。


関連エントリ
HTC Touch Diamond タッチセンサー API
WindowsMobile touchkeysip v1.07
WindowsMobile touchkeysip / ctrlswapmini