Archives

June 2015 の記事

Moto 360 を 5.1.1 に更新すると描画位置がずれるらしいので 3D-imclock を修正しました。
あまりきちんと調べていませんが、画面の仕様が変わっているようです。

3D imclock for Android Wear
Google Play: 3D imclock for Android Wear

Moto 360 では、以前は 320x290 のスクリーンに対して OpenGL の Viewport Y に -30 の offset が入っていました。
Android Wear 5.1.1 からは 320x320 のバッファ扱いとなっており、Viewport の offset が無くなっているものと思われます。(この問題について書いた以前の記事は こちら )

Moto360                     Viewport
-------------------------------------------
Android 5.0      320x290    (0,-30,320,320)
Android 5.1.1    320x320    (0,0,320,320)


関連エントリ
Android Wear 5.0 Watch Face API 対応と互換性
Android Wear 3D のアナログ時計 (Watch Face)
Android Wear にゲームを移植


Android Wear 5.1.1 は Wi-Fi 接続に対応しました。
利用できるのは Wi-Fi 機能を搭載したデバイスのみに限られますが、インターネットを経由した同期を行うことが可能です。

                        Bluetooth   Wi-Fi
-------------------------------------------------------------
Android Wear 4.4W~5.0  直接同期    --
Android Wear 5.1.1      直接同期    Internet 接続、Cloud 同期
Apple Watch             直接同期    LAN 経由同期 (P2P)

Apple Watch も Wi-Fi 接続を併用していますが Wi-Fi の使い方が異なります。


● Apple Watch の場合

Bluetooth の補佐として用いられているようです。
接続は自動化されており iPhone 側の設定を引き継ぎます。
そのため Watch 側には特に Wi-Fi の設定はありません。

iPhone と同じ Wi-Fi ルータを利用して LAN 内で直接転送が行われます。
あくまで iPhone と Watch 間の通信に用いられており、Apple Watch が直接インターネットに接続することは無いようです。

Apple: Apple Watch の Bluetooth と Wi-Fi について


● Android Wear の場合

Android Wear 側に独立した Wi-Fi の設定があります。
予め Wi-Fi の設定しておけば、Android Wear デバイスが直接 Internet への接続を行うことができます。実際に Google Map アプリでは、Bluetooth 接続が切れていても地図データを読み進めることができました。

さらに「クラウド同期」を有効にしておくと、スマートフォンやタブレットとの通信(同期)もインターネット経由で行うことが可能です。

有効にする方法
 1. Smartphone/Tablet 側のコンパニオンアプリ "Android Wear" の設定を開く
 2. クラウド同期を ON にする

Android Wear の場合は Apple Watch と違って同一のネットワーク (LAN) に接続しておく必要がありません。バッテリー消費を考えなければ、ペアリングしたスマートフォンやタブレットは家に置いたままで、Android Wear とモバイルルータだけ持ち歩くこともできるわけです。

通知などのメッセージが届くのはもちろん、設定などコンパニオンアプリを伴うものでもクラウド経由できちんと設定変更が反映されます。


関連ページ
Smart Watch 一覧

関連エントリ
Apple Watch のバッテリーと Android Wear 5.1
Apple Watch を使ってみた, Android Wear との比較など
Android Wear 単体で音楽再生を行うアプリ (2)
Android Wear 3D のアナログ時計 (Watch Face)
Android Wear の 3D 描画 と NDK r10
Android Wear にゲームを移植