Apple Watch Series 2 で vfpbenchmark を走らせてみました。
結果から Apple Watch S1 と同じ Cortex-A7 の 0.5GHz と思われます。

Watch SoC CPU ST-SP ST-DP MT-SP MT-DP
初代 Apple S1 Cortex-A7 0.5GHz x1 0.850 0.416 0.849 0.416
Series 2 Apple S2 Cortex-A7 0.5GHz x2 0.986 0.483 1.807 0.879

 ・単位は GFLOPS, 値が大きい方が高速。

初代 Apple Watch の S1 と違い、新型 Apple Watch の S1P/S2 は Dual Core です。詳細は下記よりどうぞ。結果を追加しています。

VFP Benchmark Log 計測結果まとめ

GPU については未調査です。SpriteKit 経由ですが、Watch OS 3.0 から OpenGL ES 2.0 相当の Shader (GLSL) が使えるようになっています。


関連エントリ
Android 端末のアップデート (1) Android Wear バージョン一覧と新しいアーキテクチャ
Apple Watch の CPU の種類と浮動小数点演算速度


GPU 毎の Extension の結果も追加しました。

Vulkan Device Features (GPU毎の比較表)

上のページで一番下の表は Instance/Device それぞれの対応 Extension の取得結果です。初期化時に参考になるかと思います。


関連エントリ
vulkaninfo 結果の比較表 (Desktop GPU/Mobile GPU)
Android の Vulkaninfo 結果
Android で Vulkan Sample を走らせるまでの手順
Linux で Vulkan を使う (GeForce, RADEON, Intel)
低レベル API 対応 GPU まとめ (D3D12,Vulkan,Metal)



今まで集めた vulkaninfo の結果を表にまとめてみました。下記ページよりどうぞ。

Vulkan Device Features

VkPhysicalDeviceFeatures と VkPhysicalDeviceLimits を抜き出しています。
vulkaninfo コマンドの出力結果と vulkan.h には一部食い違いがありますが、ヘッダ vulkan.h の表記を優先しています。


関連エントリ
Android の Vulkaninfo 結果
Android で Vulkan Sample を走らせるまでの手順
Linux で Vulkan を使う (GeForce, RADEON, Intel)
低レベル API 対応 GPU まとめ (D3D12,Vulkan,Metal)


Android でも vulkaninfo を走らせてみました。

Nexus 5X (Snapdragon 808 Adreno 418) と Nexus Player (Atom Z3580 PowerVR G6430) の結果をこちら↓に載せています。

Vulkaninfo の結果

Desktop GPU との機能の違いがわかります。


関連エントリ
Android で Vulkan Sample を走らせるまでの手順
Linux で Vulkan を使う (GeForce, RADEON, Intel)
低レベル API 対応 GPU まとめ (D3D12,Vulkan,Metal)



Android で Vulkan の sample を build して走らせます。基本的には下記ページの通りです。Windows の場合多少手順が増えます。
https://developer.android.com/ndk/guides/graphics/getting-started.html


● Windows の場合

1. VisualStudio 2015 install (Community で構いません)

2. JDK install

3. AndroidStudio (2.1.3) をダウンロードして install します

・Android Virtual Device は無くて構いません
・初回起動時に Android SDK も install します


4. Android NDK を download します

・android-ndk-r12b-windows-x86_64.zip を任意の場所に展開します。
・下記のように AndroidStudio の中から download しても構いません

Tools -> Android -> SDK Manager -> Appearance & Behavior -> System Settings -> Android SDK -> SDK Tools -> NDK にチェックを入れて Apply


5. Phyton 3 を install します (3.3 以上)

6. cmake を install します。

7. git を install します。

8. Start Menu から "VS2015 x64 Native Tools Command prompt" を開きます

・msbuild にパスが通っていれば他の terminal でも問題ありません


9. Command prompt で作業します

update_external_sources.bat 実行時点で下記のコマンドにパスが通っている必要があります
・msbuild.exe
・python.exe
・cmake.exe
・git.exe

git clone https://github.com/googlesamples/vulkan-basic-samples.git
cd vulkan-basic-samples/LunarGSamles
update_external_sources.bat --all
cd API-samples
cmake -DANDROID=ON -DANDROID_ABI=all


10. AndroidStudio を起動して NDK のパスを設定します

・menu の File -> Project Structure -> Android NDK location


11. AndroidStudio に Project を Import します

・menu の File -> New -> import Project ...
・「vulkan-basic-samples/LunarGSamples/API-samples/android」を指定
・ロードには時間がかかります。
・Gradle の Update を促すメッセージが出ますが無視します。


12. Build &実行

・Project 一覧から drawcube を選択して menu の Build -> Make Moduel 'drawcube'
・Configuration で drawcube を選択して menu の Run -> Run 'drawcube'


● Windows 以外

Mac OS X/Linux でもビルドできます。


● 動作端末

Android 7.0 が必要です。Nexus Player と Nexus 5X で確認しました。Nexus 9 では動作しませんでした。SHILED でもそのままでは動かないようです。こちら にまとめています。


関連ページ
Vulakn Android

関連エントリ
Linux で Vulkan を使う (GeForce, RADEON, Intel)
低レベル API 対応 GPU まとめ (D3D12,Vulkan,Metal)



<<前のページ(日付が新しい方向) | 次のページ(日付が古い方向)>>