試してきました。メディアポート UP300
Nikon MEDIA PORT UP 300x

ただの単眼式のヘッドマウントディスプレイかと思ったら違いました。
iPod など最近の「多機能メディアプレイヤーにヘッドホンとモニタが一体化しているもの」
といった方が正しいようです。

単体でメモリを 4~8GB 内蔵しており、音楽、画像、ムービーといった各種プレイヤー
機能が含まれています。
特に安い方のモデルには外部入力端子がなく、ディスプレイとして利用することが
できないあたりにこの商品の狙う位置が見えます。


本体は意外に軽く普通のヘッドホン感覚で使えます。
最初に行うのはディスプレイ部の位置あわせとピント調整です。

ダイヤルを回しきってもなかなかうまくあわなかったけれど、目よりも若干下で
ぴったり合う位置を発見。アームはかなり柔軟に動きます。

画面は思ったほど大きいものではなく、視界の中に PinP の小画面が浮いている感じ。
カタログの表現を借りると「1m 先に 17インチ相当」です。

単眼式なので、大迫力というよりは他のことしながら情報ウィンドウが片側に開いている
イメージでしょうか。解像度は VGA。

最初は片目の方が見やすいですが、設定がうまくいって慣れてくると両目をあけたままで
見えるようになりました。


WiFi も内蔵しており、ストリームでメディアを再生したり内蔵ブラウザで web 閲覧も可能。

ブラウザの操作はヘッドホン横のスクロールホイール+カーソルキーで行います。
解像度は 640x480 ながらサイズが小さいためフォントも大きめ。
制限されたボタン操作かつ描画や転送が重いので、残念ながら快適というほどでは
ありません。一応赤外線リモコンが用意されているようです。

たぶん携帯電話の方が速くて快適でしょう。
もし携帯電話の出力を表示できるならば、ワイヤレスキーパッド のようなワイヤレスの
Bluetooth キーボードも使って携帯メールなども快適に書けるだろうなと。

きっと歩きながら下を見て携帯の画面を注視し続けるよりも、
こんな感じで視界に浮いている方がまだ安全だと思います。見た目はともかく。


ヘッドホン内側には WindowsCE 5.0 のシールが貼られていました。
CE5 は WindowsMobile5~6 等にも使われているものです。

無線 LAN 内蔵で WindowsCE を採用したメディアプレイヤーといえば
Toshiba Gigabeat や Microsoft の Zune があります。
でも WindowsMobile のロゴではなかったことと、独自のメニュー構造に見えたので
これらと同じプラットフォームを利用しているわけではなさそうです。
アプリが作れたり XNA が動いたりしたら楽しいのですが無理っぽい。


あくまで多機能メディアプレイヤーであって、モニタとしての用途は限られています。
1万円高い UP300x にしか外部入力端子が無く、用意されているケーブルは iPod 用
などミニジャックのものだけ。

コネクタさえあわせればビデオ入力(コンポジット)は可能と思われますが、
他にどんな入力が可能かは明記されていませんでした。
(本体側はマルチコネクター端子という特殊なもの)
例えば S端子入力に対応しているかなど、ショールームのスタッフも問い合わせた
サポートの方も、わからないという以前に質問の意味や意図を理解していない様子でした。

PSP もインターレースに対応した PSP-3000 ならつながるとは思いますが、
反応速度等がわからないのでどこまでゲームに使えるかどうかは不明です。
携帯電話も以前は TV出力機能付きがありましたが今もあるかどうかわかりません。


メディア再生よりも、歩行ナビのような情報表示とかメール着信表示とか、
いつでも取れるテキストメモやメールとか、
ツールとしての活用の方がおもしろそうに見えました。

内蔵ブラウザではくっきりしたデジタル表示なのに、入力がもしビデオ端子のみ
だとしたら少々残念なところです。


またモーションセンサーも入っていますがあまり活用されていないようです。
スタッフの方も機能を知りませんでした。
頭の動きを感知できるので、情報を取り出してコントローラにしたりとかできたら
おもしろそう。(でもおそらくできない)

商品コンセプトもターゲットもメディアプレイヤーとして一般向けを狙っているようです。
でも一発目だし値段を考えても、もう少し新しい物好きの人に向けた深いところも
用意した方が良かったのではないかと感じます。
何でもやってくれる機能ではなく 何かできそうな機能が欲しい。

おもしろいし かなり欲しかったので 今後に期待します。