昨日の朝に入手。比較的手に入れやすそうな店を選んだけれどさすがに混雑していて
しばらく待たされました。iPhone 3GS

手に入れたあと周りからきかれるのは「速い?」「速くなった?」ばかり。
正直あまり速いとか実感していないのですが、事実上目立った違いがそれしかない
ということでしょうか。
おそらく前使っていたのが比較的速い iPod touch 2G で、通信も無線LAN しか
使っていなかったせいでしょう。3G の通信で遅いと感じるなんて贅沢になりました。

中身は大幅に入れ替わっているようで、iPhone 3G のおよそ 2倍だそうです。

iPhone 3G    : ARM11         412MHz   8stage  128MB
iPod touch 2 : ARM11         533MHz   8stage  128MB
iPhone 3GS   : ARM Cortex-A8 600MHz  13stage  256MB

core が違うので単純な比較は出来ませんが、クロック周波数で 約1.46倍。
さらに Cortex-A8 はスーパースカラで 2命令同時発行らしいので、2パイプ動作して
実質 1.4倍程度と考えると (1.4*1.46= 2倍) ちょうど良い感じです。
その代わりインオーダー発行なので命令並びに依存するし、パイプラインの
ステージ数もだいぶ深くなっています。

wikipedia ARM architecture

メインプロセッサもそうですが、PowerVR SGX は ShaderModel 3.0 が動作する
はずなので、本当に違いが出るのは今後対応アプリが出揃ってからになるでしょう。


表面上変わってない、違いが少ないというのはむしろすごいことです。
過去にずっと長いこと日本製 PDA を使っていましたが、アプリ開発上の難関は
ユーザーインターフェースの互換性でした。
新製品が出るたびにボタン配列も全部変わってしまうし、そのたびにいちいち
プログラムを修正して、新しい操作方法を考えて、対応アプリを出さないと
いけなかったからです。
対する Palm は頑なにボタン配列を守り続けていました。

当時メーカーの方に話を聞く機会がありましたが、曰く商品コンセプトありきだとのこと。
毎回どこで売るのかコンセプトを考えて、ハードもそれに合わせてデザインする。
ソフトウエアもあわせて必要になれば調達すれば良い、とのお話でした。
商売としては正しいし全く異論はないのですが、ソフトウエア開発者としては
そこに何の未来も見いだせなかったのは事実です。
ZAURUS から手を引いた理由の1つはここにあります。

今の携帯電話もそうかもしれません。
ZERO3 も非常に使いやすくて気に入っていたのに、なかなか良い点が新型に引き継がれ
ません。良い感じにカスタマイズできても、新型に乗り換えるとまた同じことを最初から
やり直しです。
新たに発生した使いづらいところを穴埋めしていく作業なのです。

iPhone の魅力の一つは操作方法がずっと変わらないだろうと安心できること。
ビジョンがあって貫かれているからこそ、目先の商品コンセプトに振り回される
ことがないんでしょう。
速度とか OS3.0 の細かな変更点とかいろいろありますが、性能が上がって機能が
増えても、重要なところが大きく変わらないからこそずっと使い続けていけるはず。


これまで iPod touch 2G を使っていました。音楽プレイヤー扱いながら、
過去に使ってきた PDA の中では一番使いやすくて実用的だったという印象です。
OS3.0 への更新も、ソフトウエアをダウンロードしただけなのに Bluetooth が
使えるようになりました。
1200円でハードウエアも一緒に付いてきたような得した感じです。

HID はありませんでした。PS3 も Wii もコントローラは Bluetooh なので、もしか
したらキーボードだけでなくゲームコントローラもつながっていたかもしれない
と思うと少々残念です。


iPhone 3GS は iPod touch と比べると厚みもあって大きく感じます。
その代わりどこでも通信できて GPS とコンパスも使えるし、持ち歩くものを1つ
減らせます。乗り換える決め手となったのは MMS で、メールアドレスも変わらずに
従来の携帯電話を置き換えられるようになりました。

SMS/MMS はメーラーというよりチャットのような画面レイアウトで、フォルダではなく
送信相手毎に分類されます。
最初悩んだのは MMS の送信が出来ないこと。上の「メール」というボタンを押すと
ただの E-Mail になってしまいます。
下にある1行の入力欄が SMS/MMS 送信用の本文でした。検索だと思ってました。
いろいろ慣れない部分も多いので、これから慣れます。