Hybrid W-ZERO3 (WS027SH) と SC-01B の d3dmcaps 情報を送っていただいたので
更新しました。

Direct3D Mobile DeviceCaps 一覧

SHARP Hybrid W-ZORO3 (WS027SH) は Qualcomm MSM7200A を搭載しており ATI 製
GPU core によるアクセラレータが有効となっていました。

WILLCOM HYBRID W-ZERO3

機能も TouchDiamond 等、MSM7201A 内蔵 GPU に非常によく似ていることがわかります。
CPU も同じ ARM11 だしほぼ同等の機能&性能ではないかと考えられます。
特筆すべき点としては ZERO3 系で初めて 3Dアクセラレータを搭載したということ。
Qualcomm の MSM 系は採用機種も多く珍しい存在ではありませんが、3G 機能のおかげで
ZERO3 も 3D や GPS など他のスマートフォンと同等の機能が使えるようになりました。


docomo の SC-01B は d3dmcpas を見る限りハードウエアアクセラレータが無効と
なっているようです。ところが調べてみると、搭載されている S3C6410 自体は
高機能なことがわかります。

SAMSUNG SC-01B

3D アクセラレータが載っており、OpenGL ES 2.0 対応なのでおそらく Shader も
使えるはずです。Direct3D Mobile に対応していないのは残念ですが、OpenGL ES なら
ハードウエアアクセラレータが使えるかもしれません。
CPU 自体も ARM11 core ながら 1176ZJF なので VFP がついています。
さすがに最新の Snapdragon 等 ARM v7+GL ES 2.0 系と比較するのは酷ですが
VFP や OpenGL ES 2.0 対応など全体的に Qualcomm MSM7~ 系より上だと感じました。
S3C6410 は SmartQ5 にも使われているようです。