親指 Pie さんの下記のページを参考にさせて頂きました。

親指Pie OpenWnnのビルド

簡単にビルドできることがわかったので書いておきます。
Android 自体のビルドは不要です。


(1) Android ソースリスト入手

下記のページの通り進めます。
VirtualBox + Ubuntu 11.04 x64 (natty) を使いました。

Android open source project : Initializing a Build Environment

注意: 2011/09/30 現在 android.git.kernel.org にアクセスできないようです。
(この記事の手順を確認したのは 2011/09/01)


(2) OpenWnn の参照

個別ビルドするため別の場所に移動します。Windows でも構いません。
ソースコード中 packages/inputmethods/OpenWnn フォルダをまるごと任意の
場所にコピーします。

コピーしたあと OpenWnn の中のフォルダ libs を jni にリネームします。


(3) Android SDK/NDK install

Android のアプリケーション開発環境を整えます。
SDK と NDK 両方必要です。

Android SDK/NDK install から実機の接続、サンプルの実行まで


(4) ビルド

ndk を使った通常のアプリと同じ手順でビルドできます。
以下 Windows を想定。

プロジェクト作成

 1. Eclipse 起動
 2. File → New → Project
 3. Android を開いて Android Project を選択して [Next]
 4. Create project from existing source を選択
 5. Browse.. ボタンで OpenWnn フォルダを選択して [OK]
 6. Android 2.2 を選択して [Finish]

NDK でコンパイル

 1. cygwin shell で OpenWnn フォルダに移動
 2. ndk-build を実行 ( ~/android-ndk-r6b/ndk-build を実行)

Eclipse 上でビルド&実行

 1. プロジェクト (default だと OpenWnnControlPanelJAJP) を選択して
   右ボタンのメニューから「Refresh」を実行
 2. 同じようにプロジェクトの右ボタンメニューから
   Run As → Android Application
 3. Emulator or 実機の設定画面から Japanese IME を有効にする