Intel HD 4000 は環境によって使用できる OpenGL Version に差があります。

Intel HD 4000       OpenGL      ES2   ES3   Driver
-----------------------------------------------------------
Windows 8.1 x64     OpenGL 4.0   Y     N    (10.18.10.3496)
Mac OS X 10.9       OpenGL 4.1   Y     N
Ubuntu 14.04 x64    OpenGL 3.3   Y     Y

詳細は下記ページに追加しました。

Desktop GPU Extensions

Linux では OpenGL 3.3 止まりで Tessellator が使用できません。
その代わり Linux だけ GL_ARB_ES3_compatibility に対応しており OpenGL ES 3.0 命令が通ります。
libgles2-mesa-dev でも OpenGL ES 3.0 の DRI に対応していました。

EGL_CLIENT_APIS: OpenGL OpenGL_ES OpenGL_ES2 OpenGL_ES3 
GL_VERSION: OpenGL ES 3.0 Mesa 10.1.0
GL_RENDERER: Mesa DRI Intel(R) Ivybridge Mobile 
GL_VENDOR: Intel Open Source Technology Center
GL_SHADING_LANGUAGE_VERSION: OpenGL ES GLSL ES 3.0

Desktop 向け OpenGL ES 2.0 / OpenGL ES 3.0 / OpenGL ES 3.1 実行環境

Windows 版ドライバも細かくアップデートされており、
10.18.10.3496 では GL_FRAMEHBUFFER_SRGB が有効になっていました。
以前は問題があった部分です。

GeForce/RADEON と比べると環境によって機能差が大きかったり、
いろいろ問題も多かったのですが、少しずつ改良が進んでいることがわかります。


関連エントリ
Mac OS X 10.9 Mavericks の OpenGL 4.1 対応と Windows 8.1 Intel HD 4000 Driver
OpenGL と sRGB
OpenGL の各バージョンと GLSL の互換性