PS3 Linux きた!v1.60ファームで起動改良!」の続きです。
Playstation3 の内蔵 HDD にパーティションを切らなくても
Linux の Live CD が起動することを確認できました。
(試したのは Debian LiveCD 20070114 版です)

以前「PS3 Linux のちょっと残念な点」で書いた問題点が、
これでひとつ解決したことになります。

これまでより簡単に Linux の LiveCD を試せるようになりました。

初めて起動するまでの手順はこんな感じになります。
(内蔵HDDのバックアップ、フォーマット、リストアが不要になりました)


(1) 他のシステムインストーラ(otheros.bld)を準備する
 ・ダウンロード元

(2) 「設定」→「本体設定」→「他のシステムのインストール」から otheros.bld をインストールする
 ・参考ページ「PS3 に Linux を入れるまでの手順」
 ここでインストールされる otheros.bld は kboot と呼ばれるブートローダーで
 PS3 本体のフラッシュメモリに書き込まれます。

(3) PS3 用の Linux の Live CD を手に入れる/焼いておく
 ・参考ページ「PS3 Linux Debianの Live CD が来た!」
 LiveCD は Debian 以外にもあります。cellfan PS3 Linux

(4) LiveCD を挿入する
 USB キーボードとマウスも忘れずに PS3 につないでおきます。(重要)

(5) 「設定」→「本体設定」→「優先起動システム」から「他のシステム」を選択する
 「今すぐ他のシステムを起動しますか?」ときかれるので「はい」

これで再起動後に kboot が立ち上がり、その後 LiveCD が起動します。
画面モードがデフォルト (480i/480pなど) になるので注意です。
起動のコツは「画面が止まったかな?」と思ってもしばらく待つことです。



●注意事項

優先起動システムを切り替えたので、次回からは電源を入れても必ず kboot (Linux)
が起動します。

GAME-OS に戻る方法

・kboot: や起動した LiveCD の コンソールから「 boot-game-os 」を実行する。
 エラーが出るときはフルパスで「 /sbin/boot-game-os 」

・それでもだめなら、電源ボタンの長押しで PS3 の電源を入れると強制的に GAME-OS
 で立ち上がります。