フルインストールした PS3 の Fedora Core 5 には、ターミナルサーバクライアント
も最初から入っています。これを使って 同じ LAN 上の Windows PC にログイン
してみます。


●リモートデスクトップ(rdesktop)

WindowsXP Professional 以上 (または Server 系 Windows) が必要です。
残念ながら XP の Home Edition にはつなぐことができません。

・WindowsXP 側の設定
  ・コントロールパネル→システムを開く
  ・「リモート」のタブの
     「このコンピュータにユーザーがリモートで接続することを許可する」
   にチェックを入れる


・PS3 側
  ・メニューの
   「アプリケーション」→「インターネット」→「ターミナルサーバクライアント」
   を実行する。

  ・コンピュータ名:  に WindowsPC の名前か IP アドレスを入れる
  ・プロトコル:  は RDPv5 を選ぶ

  ・[接続] を押す。つながったら Windows の画面が出るのでログインする。



デフォルトだと 256色モードになってしまうので、
「画面」タブ→「色」の "指定した色震度を指定する"、で 6万色 や フルカラー の
選択ができます。



720p なのでリモートデスクトップが 800x600 になってしまってます。
画面が狭いけど動作は意外にきびきびとして結構使えます。



音は出ないものの Gyao も見れました。
Vista には接続できませんでした。
rdesktop


● VNC

VNC を使って Windows にログインするには、Windows 版の VNC server が必要です。
RealVNC vnc-4_1_2-x86_win32.exe
こちらは XP Professional でなくても動作します。
入れると Windows Defender に怒られました。
通信路のリスクを承知して使うということで許可しました。

・Windows 側
  「スタートメニュー」→「VNC Server 4 (User-Mode)」→「Run VNC Server」
  タスクトレイにVNCアイコンが入ったら右ボタンから Options
  「VNC Server Properities (User-Mode)」 の Authentication タブの
  "VNC Password Authentication" を選択して [Configure]
  パスワードを登録したら [OK]

・PS3 側
  ・ターミナルサーバクライアントを起動して、今度はプロトコルを VNC にする
  ・[接続] を押すとパスワードを聞かれるので入力



こちらは Vista につないでます。VNC はデスクトップをイメージで送信している
らしく、Vista の AeroGlass もきちんと描画されています。
その分描画の更新が重くなってます。

さらに VNC 自体は Linux 側でサーバーを動かして PC 側で操作することもできます。
もっといろんな面白いことができるようです。

不要になったら必ず VNC Server は停止しておいてください。


●使い道

使い道はありそうです。rdesktop はレスポンスも良く、Windows 同士でつないだ
リモートデスクトップとほとんど変わらない印象でした。

例えば、リビングに置いた PS3 を HDMI のフルHDでつないでおいて、別の部屋の
PC 内の写真を大画面で見たいとか・・・これだとデジカメを直接 USB で PS3 に
つないでも同じことができそうです。
PC 上のムービーなら Xbox360 でできますね。

むしろ職場など、会議室の大画面TVに D端子 か HDMI しかない状況で、PS3 経由で
パワーポイントを開くなんてのは十分ありかもしれません。