EM・ONE の新しいファームウエアが出ました。1.01a にアップデートできます。
同時に EM・ONE 用のバックアップツールも無償でダウンロードできるように
なりました。3DBox のゲームといい、なんだか気前が良いですね。

イー・モバイル、「EM・ONE」の新ファームウェア公開
EM・ONE ~本体アプリケーションバージョンアップについて~
EM・ONE ~バックアップツール「Sprite Backup(S01SH版*1)」を提供開始~

バックアップツール「Sprite Backup(S01SH版)」は、ファームウエアを更新
しなくても使えます。つまり v1.00 でも動作します。
というか、更新時のトラブルがあっても元に戻せるように用意されたツール
なので、むしろ更新前にバックアップをとっておく必要があります。

早速更新してみました。

手順どおりまずは Sprite Backup をダウンロードしてインストールして更新前の
バックアップを取ります。バックアップの前後に自動でリセットがかかります。

アップデータをダウンロードします。EM・ONE は本体のフラッシュメモリ容量も
多いので、ZERO3[es] の更新のときのように神経質にならずに済むのが
ありがたいです。

実行すると AC アダプタを繋ぐように言われます。
超大容量バッテリーを一度使い切ってしまいたかったけれど、仕方ないので繋ぎます。

アップデートのプログラムは1つですが、更新は前半と後半の2回行われます
前半に比べて後半はかなり時間がかかります。プログレスバーがとまったように
見えてもそのまま我慢です。

手順書どおりの操作で更新が完了しました。バージョン番号は

 v1.01a (バージョン1.00からアップデートされています。)

になりました。

  設定→システム→S01SH情報

確認手順も Windows フォルダの exe を探さなければいけない W-ZERO3[es] より
簡単になっています。

更新しても、Direct3DM で GoForce5500 のハードウエアアクセラレータは
使えるようになってませんでした。
そういえばパケットカウンタの前月、前々月がクリアされているのは更新のせい
でしょうか。

今回は安定度の向上が中心らしいので、もうしばらく使ってみます。