Android のアプリケーションは明確な終了をあまり意識させない作りになっています。
それでも使っているうちにだんだん Android の挙動が分かってきます。

・Home ボタンでホームメニューに戻っただけでは終了しない
・Back ボタンで戻る場合はアプリが終了していることが多い

よってアプリケーションの切り替え方法は 2種類あります。

(1) 現在の状態を保ったままバックグラウンドに切り替える方法
(2) 現在の状態を捨てて前の画面(アプリ)に戻る方法

さらにあまり意識していないだけでもう1つあることがわかりました。

(3) 現在の状態を保ったまま別のアプリを呼び出す。

例えばアプリ内から URL をタッチしてブラウザが呼ばれた場合。
また Home ボタン長押しでタスクマネージャーを呼び出し、そこからアプリを
呼び出した場合も同様です。
どちらも Back ボタンを押すと前のアプリの画面に戻ることが出来ます。

(2) はスタックから pop する動作で、ブラウザに例えると [←] ボタン。
(3) はスタックに push する動作で、ブラウザだとページ内のリンクのクリック。
(1) はスタックを切り替えます。ブラウザの新しい Tab を開くようなものです。

厳密にはアプリケーションは Activity という単位に分かれており、
実行したり外部から呼び出されるのはこの Activity です。

アプリケーションがどこかのサイトを示すなら Activity はページ相当でしょうか。
Android は複数のサイト(アプリ)間にまたがって各ページにリンクを貼ることが
可能で、その履歴が保存されます。

この Activity の呼び出しヒストリが保存されている一連のスタックを "Task" と
呼んでいます。やはりブラウザの Tab のように、操作によっては複数の履歴
スタック ("Task") が作られます。

これらのアプリが動作している VM は Linux の Process の上で動いています。


Android はマルチタスクの OS なので複数のアプリケーションが起動します。
動作中のアプリがバックグラウンドに残ってシステムが重くならないよう、
普段から意識して Back ボタンを多用していました。
ブラウザのように明確な Tab 切り替えができて、かつ Tab 単位で Close
ボタンがあればもっと分かりやすくなっていたのではないかと思います。


●複数の終了・中断状態

画面から見えなくなったりバックグラウンドに回るとアプリケーションは停止し
待機状態になります。Activity には下記のイベントが発生します。

・onPause
・onStop
・onDestory

Home ボタン等でバックグラウンドに切り替わった場合は下記の通り。

・onPause → onStop

アプリが切り替わっても部分的に画面が見ている場合は onPause だけです。
Back ボタンで前のアプリに戻る場合はさらに onDestory も呼ばれて終了します。

・onPause → onStop → onDestory

最初ここでわからなかったのが Linux process との関係です。
onDestory で Activity のインスタンスが削除されても Linux から見える
Process は残っています。

RAM 容量に十分な空きがある場合、Process 空間にロードされたプログラム
コードをすぐ削除せずに、キャッシュとして再利用することが目的のようです。

この状態ではメモリは占有していますが停止しているため CPU は消費しません。
メモリが足りなくなると即座に回収されます。

リソース\状態         (A)onPause/onStop   (B)onDestory   (C)未実行
-------------------------------------------------------------------
Activity インスタンス  存在                無し           無し
メモリ空間             専有                専有           無し
CPU リソース           アプリ依存で消費    無し           無し

(B) は Activity が終了しても Process が残っている状態を意味しています。
メモリが足りなくなった場合システムは (B)→(A) の順で回収します。

裏でアプリが動いて重くなるのは (A) 状態のまま多数存在していることが原因と
考えられます。ただしその挙動やリソース消費は厳密にはアプリ依存です。
(B) は CPU を消費しないキャッシュなので、一見 RAM を消費し Process が
残っているように見えますが気にする必要はなさそうです。

アプリを作る上で注意しなければならない点は下記の通り。

・onPause や onStop 状態からも強制終了させられる可能性がある
・onDestory でもプロセス空間は残っていることがある

特に NDK を使っていると 2つ目の点で困ったことが起こります。
続く


参考ページ
Application Fundamentals