Vista SP1 + March2008 で 10.1 が動くようになりました。

以前は動かなかった D3D10_DRIVER_TYPE_REFERENCE で起動します。
また D3D10.0 GPU の場合は D3D10_FEATURE_LEVEL_10_0 さえ指定しておけば
D3D10_DRIVER_TYPE_HARDWARE が使えました。

よって開発側としては D3D10CreateDevice1() 等の 10.1 API に乗り換え、
GPU に応じて FEATURE LEVEL を切り替えるだけでよさそうです。

10.0 GPU の場合個々の API や State がどう影響してどう制限されるのか
まだわからないので、その辺は実際に使ってみてからになるでしょう。
取りあえず一安心。


関連エントリ
DirectX 10.1 S3 Chrome 400
DirectX 10.1 RADEON HD3800 シリーズ

追記:

March2008 の SDK で
dxsdkvar.h を include しているとエラーが出ます。

中身を見ると見慣れない構文で、新しいコンパイラの機能なのか、、
どちらかといえばバージョン管理ツールのキーワード置換に
失敗しているような感じ。