Debian でも ps3videomode や boot-game-os が無いとやっぱり不便なので
作っておきます。
ソースは ADDON CD CELL-Linux-CL_20061208-ADDON.iso に含まれています。
ftp://ftp.uk.linux.org/pub/linux/Sony-PS3/

(1) ADDON CD の \src の中身をコピーしておく

 ps3pf_util とカーネルのソースが必要

(2) ソース展開

 とりあえず手作業で

 $ rpm -i ps3pf_utils-1.0.9-3.src.rpm
 $ tar -jxvf /usr/src/rpm/SOURCES/ps3pf_utils-1.0.9.tar.bz2
 $ tar -jxvf ../linux-20061208.tar.bz2

(3) Makefile 修正

  Makefile の CFLAGS に -I../linux-20061208/include を追加

 $ cd ps3pf_utils-1.0.9
 $ vi Makefile

こうなる
CFLAGS = -O2 -Wall -W -Wstrict-prototypes -I../linux-20061208/include


(4) build と install

 $ make
 $ su
 # make install

これで FC5 環境同様に

/usr/bin/ps3videomode
/sbin/boot-game-os

が使えるようになります。

また、一緒にインストールされる other-os-flash-util を使うと、
フラッシュメモリの設定を表示したり書き換えができるようになります。

 # /sbin/other-os-flash-util -s `/sbin/find-other-os-flash`

version: 0x00000001
offset1: 0x00000002
offset2: 0x00000004
boot loader format: 0x00000001 : gziped
boot loader size : 0 : whole of area
boot flag: 0x00000001 : boot linux
num_params: 3
param_data0: 00 00 00 00 38 6d 43 74 00 00 ff ff ff ff ff ff
rtc_diff : 946684788
video_mode : 0x00 : NTSC
controller : 0x00 : O button means yes
param_data1: 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 ff ff ff ff
Static IP : 0.0.0.0
Network Mask : 0.0.0.0
Default Gateway : 0.0.0.0
param_data2: 00 00 00 00 00 00 00 00 ff ff ff ff ff ff ff ff
DNS Server 1 : 0.0.0.0
DNS Server 2 : 0.0.0.0

FC5 環境では /dev/sdb がフラッシュデバイスです。
容量は 4Mbyte でした。
このコマンドでブートローダーの書き込みもできるようです。
が、ためしに書き込んでみたら起動しなくなりました・・。
電源長押しの強制復帰+他のOSインストーラの再実行で一応元に戻りました。