Archives

June 2017 の記事

ZenFone AR が発売されたので購入してみました。(ZS571KL-BK128S8)

Daydream (VR) と Tango (AR) の両方に対応したスマートフォンです。搭載 SoC こそ一つ前のハイエンド Snapdragon 821 ですが、RAM を 8GB も搭載しており PC と比べても遜色ありません。

↓ 付属の Cardboard、レンズ部分は磁石でくっつく

null

Google の VR である Daydream と、Google の AR である Tango は別の Platform で、それぞれ必要としているハードウエアスペックも異なっています。例えば Daydream の場合センサーの入力から描画までが低遅延でなければならず、VR レンダリングにはかなりの GPU 性能が必要です。対応デバイスのディスプレイも有機 EL が使われています。Tango の場合はそこまで描画負荷を必要としませんが、その代わり周囲を認識するための Depth Camera や Tracking Camera を搭載することになります。

ZenFone AR は 1台でこの両方のアプリケーションを走らせることができます。ただしヘッドセットである Daydream View はまだ日本で発売されていません。付属品として Cardboard がついてくるので、当分は Cardboard (VR) + Tango (AR) 両対応機として利用することになりそうです。

Google VR は 2種類あります。

GoogleVR ヘッドセット Controller API
Cardboard ダンボール製など多数 なし Android 4.4+ (API 19)/iOS
Daydream 専用 Daydream View あり Android 7.0+ (API 24)

Google VR

どちらもスマートフォンを HMD として利用します。Cardboard はより多くのデバイスで動作しますがワイヤレスのコントローラはなく、操作方法が非常に限られています。安価なものが多い反面、ハードウエアが VR 用に作られているわけでは無いので、フレームレートや遅延など端末によって性能に差が生じる可能性があります。その点 Daydream ではより高い品質を保つことができるようになります。

Tango

Tango は特殊なヘッドセットが不要なので、ZenFone AR 本体だけで気軽に試すことが可能です。周囲の形状を認識して学習するところは HoloLens に近いのですが、HMD ではないのでスマートフォンの画面をそのまま見る形になります。

Daydream/Tango 対応機種を下記ページにまとめました。

HMD VR Device spec 一覧


2017/06/18
Gear VR Controller

Gear VR 用 Controller を入手しました。スマートフォン用の VR コントローラーとしては Daydream もありますが、まだ日本では手に入れることができません。

null

モーションコントローラーにクリック可能なタッチパッドがついている点は Daydream や Apple TV と共通です。GearVR ではさらに人差し指の位置にトリガーボタンが付いています。Touch Pad も円形で上下左右を押し分けられるようです。HTC Vive Controller の Touch Pad に似ています。

TouchPad Click 方向Click Trigger
Gear VR Y Y Y Y
Daydream Y Y ? -
Apple TV (SiriRemote) Y Y - -
HTC Vive Y Y Y Y


VR 関連は下記ページも更新しています
HMD VR Device spec 一覧