相変わらず Effect 管理と Reflection まわりを触っています。
ID3D10Effect から ID3D10ShaderReflection を取り出すには、
D3D10/DX10 Effect Interface内情報
に書いた手順の通りです。
取り出した Reflection を使って、描画のために Shader の Setup を
行うためには BindingDesc を調べる必要があります。


ID3D10ShaderReflection* iReflection; // input
D3D10_SHADER_DESC shdesc;
iReflection->GetDesc( &shdesc );
for( DWORD i= 0 ; i< shdesc.BoundResources ; i++ ){
 D3D10_SHADER_INPUT_BIND_DESC binddesc;
 iReflection->GetResourceBindingDesc( i, &binddesc );
  // :
}

これで binddesc.Name に対応する HLSL の変数名が、
bdesc.Type に Resource の種類が、
bdesc.BindPoint に Resource を割り付けるスロット番号が入ります。

bdesc.Type は D3D10_SHADER_INPUT_TYPE で定義されています。

--------------------------------------------------------
enum D3D10_SHADER_INPUT_TYPE
{
D3D10_SIT_CBUFFER,
D3D10_SIT_TBUFFER,
D3D10_SIT_TEXTURE,
D3D10_SIT_SAMPLER,
};
--------------------------------------------------------

上記の通り 4種類に分類されていることがわかります。

CBUFFER, SAMPLER は特に問題ありません。それぞれ
GSSetConstantBuffers(), GSSetSamplers() (VS~, PS~) 等の
API でシェーダーに割り当てるので、独自に BindPoint (Slot番号) が
割り当てられます。

TBUFFER と TEXTURE はどちらも Texture なので、シェーダーに
割り当てるための API は GSSetShaderResources() (VS~, PS~)
しかありません。
というのは、どちらも ID3D10ShaderResourceView で扱いは一緒なのです。
そのため Type は別でも BindPoint は両方合わせてカウントされます。

では TBUFFER と TEXTURE の違いは何かというと、
D3D10_SHADER_INPUT_BIND_DESC の ReturnType や Dimension が違います。
結局は Buffer と Texture の違いであって、Sampler を使えるかどうかの
違いといえるかもしれません。

なお ID3D10Effect 等は全部やってくれていますが、BindPoint は
GS, PS, VS それぞれ参照状況に応じて異なっている可能性があり、
さらに Effect 内に複数の Pass や Technique が存在する場合はその数だけ
区別しておく必要があります。
セットアップも必要に応じて GS, PS, VS 全部に対して実行しなければならず、
自前でやろうとすると思ったよりも手間がかかります。
やっぱり完全に ID3D10Effect 任せにした方が簡単ではあります。