●日本語入力の切り替え

Touch Diamond (S21HT) の日本語変換は Advanced Wnn です。
外部キーボードを接続した場合に一部の記号入力ができなかったり、文字を取りこぼし
たりと互換性の面で問題があるようです。

WindowsMobile6.1 には MS-IME も入っているので、EMONSTER lite S12HT と同じ方法で
MS-IME に切り替えることができます。下記エントリで解説しています。
 ・EMONSTER lite S12HT の文字入力を MS-IME に切り替える
 ・EMONSTER lite (S12HT) 対応 ctrlswapmini lite v1.00

直接ダウンロードできるファイルも置きました。
 ・s12ht_msime.txt(reg)
 ・s12ht_msime.txt(reg)
s12ht_msime.txt をレジストリに登録して再起動(長押しで電源入れ直し)すると
MS-IME になります。s12ht_wnn.txt で元に戻ります。

MS-IME のキーマップ切り替えやカスタマイズは、WindowsMobile5.0/6.0 と同じように
imekeyset5 を使うことができます。
imekeyset5


●その他の IME

パネルやキーボードなどの入力方法を自前で何とかするという前提で ATOK が
使えるようです。gesture10key など。

FSKAREN は正式に対応したバージョンが販売されているとのことです。
残念なのは、ほんの数ヶ月前に発売された FSKAREN と別バージョン扱いで、新たに買い直さなければならないということ。発売後わずか 3ヶ月。機種乗り換えで使えなくなりました。
アップグレードなどで既存ユーザーにもきちんとサポートして欲しいところです。


●外付けキーボードのキー配列

↓ Bluetooth Keyboard x4 + Touch Diamond S21HT
BluetoothKeyboard
 左上ワイヤレスキーパッド、右上 RBK-2000BT2
 左下ワイヤレスキーパッド改、右下 RBK-2100BTJ


Touch Diamond S21HT の外部キーボード認識は独自の配列となるようです。
基本的には日本語キー配列ですが、一部キーの認識が異なっています。

キー配列の認識については Bluetooth Keyboard
Reudo RBK-2100BTJ/RBK-2000BTII のページがたいへん参考になります。
携帯電話キーボード Rboard for Keitai RBK-2000シリーズ

対応機種一覧で日本語配列/英語配列/独自配列 の違いがわかります。
Touch Diamond / Touch Pro はどれも独自配列です。

調べてみました

TouchDiamond のキーコード (相違点のみ)
[\|]        → Code  0 / 106 (0x6A)
[@`]        → [[{]
[[{]        → []}]
[]}]        → [\|]
[半/全漢字] → [@`]
[カナ/かな] → Code  0 /  19 (0x13)
[Pause]     → Code  0 / 119 (0x77)
[無変換]    → Code  0 / 103 (0x67)
[変換]      → Code  0 / 100 (0x64)
[ _]        → Code  1 /  51 (0x33)
[ _]        → Code  1 /  81 (0x51)


関連エントリ
WindowsMobile6 で imekeyset5 を使う
WindowsMobile IME FSKAREN / ATOK
EMONSTER lite S12HT IME FSKAREN
EMONSTER lite S12HT の文字入力を MS-IME に切り替える