PS3 の HD 画面を PC モニタに映すために、
・PS3 を PCモニタに無理やりつなぐまで
・PS3を繋いだPCモニタ画面
・PS3 Linuxの画面を広く使う
こちらで紹介した「YPbPr to RGBHV VGA Box」を使っています。
モニタは UXGA 1600x1200 の EIZO FlexScan L887 です。
(モニタとの相性も結構あると思います)

いままで 1080p (D5) がだめで 720p (D4) を使ってましたが、Linux だとぎりぎり
1080p で描画できることがわかりました。

それぞれのモードでの画面はこんな感じです。

○ D4 720p オーバースキャン 1124x644 (ps3videomode -v 3)


○ D4 720p フルスクリーン 1280x720 (ps3videomode -v 131)


○ D5 1080p オーバースキャン 1688x964 (ps3videomode -v 5)


× D5 1080p フルスクリーン 1920x1080 (ps3videomode -v 133)


D5 1080p のフルスクリーンだと同期が崩れてかなりノイズが入ります。

なぜか同じ 1080p でも PS3 Linux のモード 5 (オーバースキャン 1688x964) だと
同期が取れてきちんと表示できます。
VGAケーブルは L887 付属のものをそのまま使用しています。

残念ながらゲーム画面 (GAME-OS) は常にフルスクリーン相当なので全くだめでした。

ちなみにモニタの解像度は 1600x1200 なのでそもそも 1920pixel も出ません。
オーバースキャンでも 1688pixel あってさらに画面中央部に収まっているので、
実際は画面が若干縮小されています。
つまりモニタの画素とは 1対1 ではなくてアスペクト比も違っています。

だけどこれだけ画面の広さに差があるので使いやすくなりました。


今はこんな感じで繋いでますが、

[PS3] - コンポーネント - [YPbPr to RGBHV VGA Box] - VGA - [L887]

これだと 480i (D1) の表示ができないので、Linux Install の ためだけ にとうとう
VABOX2 も入手してしまいました。ゲームだけやってる分にはいらないんだけど・・

[PS3] - コンポジット - [VABOX2] - VGA - [L887]