Archives

14 October 2009 の記事

GPU に対応したようです。
RADEON 58 だけでなく 4000 系も含まれています。

ATI Stream Software Development Kit (SDK) v2.0 Beta Program


カーネルの再構築をテストするために SD からの boot を少々試しました。

取りあえずリカバリ microSD の中身を書き換えるだけで起動します。
/boot だけ残して本体フラッシュの中身をまるごとコピーするだけでも ubuntu が
SD から立ち上がるようです。カーネルのテストだけならこれで十分かもしれません。

手持ちが 2GB SD しかなく、ただのコピーだと入りきらなかったので Debian 入れてみました。
下記ページを参考にしました。ほぼこの手順通りに作業しています。

D.3. Unix/Linux システムからの Debian GNU/Linux のインストール

最初にリカバリ用 micro SD を作成しており、そこから /boot 以外全部削除しています。
NetWalker がネットに繋がった状態です。

$ sudo -s
# apt-get update 
# apt-get install debootstrap 

/media/disk の microSD を /mnt/sd にマウントし直す

# umount /media/disk
# mkdir /mnt/sd
# mount /dev/mmcblk0p1 /mnt/sd

install CD-1 の iso をあらかじめ download してあるなら

# mkdir /mnt/cd
# cd
# mount -t iso9660 -o loop debian-503-armel-CD-1.iso /mnt/cd
# debootstrap --arch armel lenny /mnt/sd file:/mnt/cd

またはネットから実行する場合 ( http://www.debian.org/mirror/list)

# debootstrap --arch armel lenny /mnt/sd  http:/ftp.~.org/debian/

モジュールをコピーしておく

# cp -r /lib/modules/* /mnt/sd/lib/modules

手順通りです

# LANG=C chroot /mnt/sd /bin/bash
# mount -t proc proc /proc
# cd /dev
# MAKEDEV generic
# dpkg-reconfigure tzdata

# vi /etc/hosts

127.0.0.1 localhost netwalker

# vi /etc/network/interfaces

auto lo
iface lo inet loopback
auto eth0
iface eth0 inet dhcp
auto eth1
iface eth1 inet dhcp

# aptitude update 
# aptitude install locales
# dpkg-reconfigure locales

起動してみます。

# reboot

SHARP ロゴがでる前から、オプティカルポイントの左右ボタン (本体左側にあるマウスボタン)
の両方を押しっぱなしにします。そのまましばらく耐え続けて、うまく起動すると SHARP ロゴを
突き破ってコンソールが出現。root でログイン。

netwalker_d01.jpg

無線 LAN で繋がらないので、手持ちの USB LAN アダプタを試したら両方とも使えました。
USB1.1 のかなり古いものです。

corega FEther USB-TX
IO DATA Lan-Egg USB-ET/T

# /etc/init.d/networking restart

これで ssh を入れればリモートから作業できるようになりました。
コンソールだとカーソルが表示されないのでエディタの編集で少々困ります。

X を入れてみます。

# aptitude install xserver-xorg-video-fbdev
# aptitude install xinit

xorg.conf を書き換えて Section "Device" のところに Driver "fbdev" を追加。

# vi /etc/X11/xorg.conf

~
Section "Device"
        Identifier      "Configured Video Device"
        Driver       "fbdev"
        Option          "UseFBDev"      "true"
EndSection
~

startx で取りあえず起動することがわかったので

# aptitude install xterm fvwm

# vi /root/.xinitrc

xterm &
exec fvwm

起動します。

# startx

何も入っていません。

netwalker_d02.jpg

マウスボタンの同時押しを失敗しやすいのが難点ですが、micro SD から割と簡単に
起動できることがわかりました。