IDEOS U8150-B も追加しました。
S21HT と違い IDEOS は ARMv6 世代で最初から Android です。

           Desire   ZenTouch2  ZiiO7    LuvPad   ODROID-S     S21HT     IDEOS
-----------------------------------------------------------------------------
Android      2.2       2.1       2.1       2.2       2.2        2.2       2.2
Processor QSD8250    i.MX51    ZMS-08   Tegra250  S5PC110  MSM7201A   MSM7225
CPU clock    1GHz    800MHz      1GHz   1GHz x2      1GHz    528MHz    600MHz
CPU Arch   ARMv7A    ARMv7A    ARMv7A    ARMv7A    ARMv7A   ARMv6TEJ  ARMv6TEJ
CPU       Scorpion  CortexA8  CortexA8  CortexA9  CortexA8 ARM1136EJ ARM1136EJ
FPU      VFP3,NEON VFP3,NEON VFP3,NEON     VFP3  VFP3,NEON      ---       ---
GPU      Adreno200  AMD Z430   ZMS-08   Tegra250 PVRSGX540 Adreno130      ---
GL ES         2.0       2.0       2.0       2.0       2.0       1.1       1.1
RAM         576MB     256MB?    512MB     512MB     512MB     192MB     256MB
Display   800x480   480x320   800x480  1024x600   480x320   640x480   320x240
-----------------------------------------------------------------------------
(1)Graph    28.16    225.21    395.79    293.48    517.90      9.38     21.34
(1)Float  2049.57    432.77    581.37   2816.16   1675.83    128.41    290.60
(1)Memory  339.03    183.67    721.17    516.18    680.16    116.95    153.40
(2)CPU      759ms    1207ms    1038ms     436ms     719ms    4698ms    2971ms
(3)GPU Abs  14633     22071       ---       ---       ---       ---       ---
(3)GPU Rel  11587     26300       ---       ---       ---       ---       ---
(4)Quadrant  1259       979      1995      1827      1040       434       ---
(5)Linpack  32.82      5.66      5.97     36.71     14.03      1.98      3.78
-----------------------------------------------------------------------------
* 値が大きいほうが速い, (2) のみ値が小さいほうが速い

MSM7225 の CPU core は MSM7201A とほぼ同等だと思っていましたが予想よりも
高い数値が出ています。動作周波数も 528MHz ではなく 600MHz でした。
それでも ARMv7 世代とは比べ物にならず、VFP がないこともあって数倍から
一桁程度の差が付いています。

ただ処理速度と体感的な速度は全くの別物で、パネルの反応や追従性の方が
大きく影響します。
プロセッサは最速だけどタッチに反応しないことがある LuvPad よりも、
遅いはずなのにきちんと操作に反応する IDEOS の方がずっと好印象なのは
面白いところです。

MSM7225 は GPU として 3D アクセラレータが搭載されておらず、
OpenGL ES の API は CPU によるエミュレーションが行われているようです。

ラスタライズはパースペクティブ補正がかからずテクスチャマップが歪みフィルタもなし。
Depth は 16bit のみで Stencil 無しです。
GPU 系のテストは動作しないものが多くなっています。
アプリによってはそこそこ 3D が動くのは解像度が低いせいかもしれません。

比べると S21HT (TouchDiamond) の MSM7201A は解像度が高く非常に遅いものの
GL の描画は正しく行われていました。3D GPU が機能していたことがわかります。


関連エントリ
各種 Android 端末のベンチマークテスト (2)
各種 Android 端末のベンチマークテスト