Debian の Live CD が ほげめも さんのところから来ました!早速使ってみます。
これは CD-ROM から起動できる Linux です。
時間のかかる HDD インストール無しに起動できるので、
PS3 上で Linux の環境を簡単に体験することができます。
ほげめもDebian Live for PS3


●起動までの準備

(1) Live-CD の作成

 こちら から iso イメージをダウンロードします。
 今回は 20070110 の debian-live-ps3pf-20070110.iso を使いました。

 CD に iso イメージを焼きこめる環境が必要です。
 とりあえず WindowsPC などで iso イメージとして書き込みます。
 20070110 版の容量は 222M なので余裕で CD-R/RW に収まります。

 もしすでに FC5 等を install していて、ブートローダーの kboot が
 入っていれば、作業はこれでおわりです。


(2) kboot (otheros.bld) の install

 もし Linux インストールを行ったことが無くまだ kboot が入っていない場合は
 この作業が必要になります。

 「PS3 に Linux を入れるまでの手順」の (4)~(9) までの手順が必要です。

 今回は試していませんが、おそらく YDL の kboot (otheros.bld) でも大丈夫です。
 とりあえず起動するだけなら内蔵 HDD は使わないので、作成する Linux 用の
 パーティションは最小で大丈夫です。

 Linux 用パーティションを最小にする(GAME用領域を最大にする)には
  ・20GB モデル > 「PS3に10GBを割り当てる」 (約6.6GB)
  ・60GB モデル > 「他のシステムに10GBを割り当てる」 (約10.7GB)
 を選びます。
 (PS3 Linux FAQ を参考にさせていただきました)


●起動方法

作成した Live-CD を入れた状態で「他のシステム」を起動します。

具体的には GAME-OS で、本体設定の「優先起動システム」を「他のシステム」に
変更してから電源を入れなおします。

すでに Linux が入っている場合は普通の reboot で OK です。

画面が止まったように見えてもそのまま待っていてください。
そのうち勝手に起動します。簡単です。


このとき画面モードは次のようになります。

 ・HDMI 接続の場合> 480p
 ・HDMI じゃない場合> 480i

もし HD (ハイレゾ) で起動したい場合は次のようにしてください。

起動時に kboot: とプロンプトが出ている状態で次のコマンドを打ち込みます。
(一覧はこちら http://www.keshi.org/moin/moin.cgi/PS3/Debian/Live )

 live     (自動選択、デフォルト)
 yuv480i
 yuv480p
 yuv720p
 yuv1080i
 yuv1080p
 yuv576i
 yuv576p
 WXGA
 SXGA
 WUXGA

例えば D4 (720p) にするなら

 kboot: yuv720p [Enter]

ここで選択できる画面モードはオバースキャン前提なので、720p でも厳密に
1280x720 になりません。TV 画面に収まるように一回り小さくなります。


●日本語にする方法

デフォルトでは英語のデスクトップになります。
起動時の kboot: プロンプトで次のように指定して起動すると日本語になります。

デフォルト解像度の場合

 kboot: live locale=ja_JP.UTF-8 keyb=jp106

720pの場合(例)

 kboot: yuv720p locale=ja_JP.UTF-8 keyb=jp106


●終了の仕方

画面上のメニューから「Desktop」「Shut down」を選びます。
またはら「デスクトップ」「シャットダウン」です。

画面が止まって電源が切れないな、と思ったら何度か Enter を押してください。


●できること

この Live CD は最小構成なので、ブラウザ (Firefox ) のみのようです。
自分でカスタマイズした Live CD を作れるそうなので、日本語かつ
アプリケーションを追加した自分環境を作ることが可能でしょう。


●注意点

Live CD は CD-ROM から起動してお試しできる環境です。
HDD を必要としない代わりにディスクは RAMDISK なので、
電源を切ると消えてしまいます。



●まとめ

ubuntu のように、インストール無しに気軽に Linux を体験することができます。

が、アプリケーションが全く入っていないので、初心者が初めて Linux に触った
場合や、どんなことができるのか体験したい人には少々物足りないでしょう。

どちらかというと普段 FC5/YDL を使っていて Debian を試したい人、
または自分で Live CD を作成したい人にお勧めです。

この CD でそのまま HDD に Debian を PS3 に install することもできます。
インストールするには起動時の kboot: のプロンプトで install と入力します。
このときネットワーク接続が必要です。


やっぱり FC5 に比べると、ウィンドウ上でも軽快に使えるのがいいですね。
正直軽いです。
最初 Debian を入れたときは HDD ドライブの性能の違いかと思っていたのですが
別のドライブに入れた YDL も比較的軽くてそれなりに動作するし
同じ HDD に入れた FC5 デスクトップも速くならなかったので、
純粋に FC5 が重いだけかもしれません。

軽いといっても最新の PC のウィンドウに比べたら比較にならないのだけど、
FC5 が操作時に不可解な重さを感じることがあるのに対して、Debian はまだ
理解できる重さです。ぜひ試してみてください。

個人的には CELL 開発環境さえ動けば、あとは Debian を使いたいと思ってます。