Archives

March 2007 の記事

購入直後でまだ何もしていない PS3 でも、
ファームのバージョンを v1.60 にあげるだけで
本体設定メニューに

・「他のシステムインストール」

が現れることを確認しました!
選択すると HDD 領域が必要、みたいなことを言われますが
そのままメディアの検索に進みます。
(関連: PS3 Linux きた!v1.60ファームで起動改良!

Linux のインストールや起動に HDD 分割は必須ではなく、
DVD/CD-ROM や USB メモリ、USB ハードディスクへのインストールと起動が
可能でしょう。


先週金曜日から走らせっぱなしで、PS3 2台合計で 29シミュレーション(WU)完了
しました。黙々と地味に順位上げています。
今まで 2回だけ次のデータをダウンロード中 100% 表示のまま進まなくなったことが
ありました。終了しようとしても (X) ボタンでキャンセルできず、(PS) ボタンの
終了も無視されてしまいます。
本体の電源ボタンの長押しだと強制的に電源を切ることができました。

再び起動すると何事もなかったようにすんなりダウンロードできて、直前に送信した
完了データも無事なようです。
これで何時間かロスしてしまったのがちょっと痛いです。
2度目に固まったときは躊躇なく再起動です。


以前「PS3 Linux にどっぷり浸かってみて」で PS3 稼働率がかなり高いと書いたけど・・
高いどころかもう一瞬たりとも休ませることなく、限界ぎりぎりまで酷使してます。
どれもゲームじゃないけど。
Linux やら Folding@home と、ゲーム専用機という先入観を捨てればかなり楽しめる
マシンですね。

次は DS のように実用ソフトが出てきたり、自作ソフトを配布できたり、
XMB メニューに自分で機能を追加できたりしないかなと期待します。


PS3 2台合計で17シミュレーション(WU)終了。
2台持ってるから1台くらいは Folding@home 走らせて見ようかな・・
くらいの気持ちだったのに、気が付いたら2台ともフル稼働中です。
(PS3 Folding@Home やってます)

ためしに PCでも走らせてみましたが、小さいデータなのに結果が出るまで
4日以上かかると言われてしまいました。(Core2 Duo E6600 2.4GHz)
さすがに電源つけっぱなしにはできないのであきらめます。

PS3 の実行時の消費電力は 200W ほどらしいですが、
何日も付けっぱなしにしないといけない PC に比べると
約8~9時間くらいで終わる PS3 は電力効率も非常に良いことになります。

1シミュレーションあたりのワット数や本体価格で比較したら
きっとダントツの安さなのでしょう。

Folding@home Client statistics by OS


Playstation3 のバージョン v1.60 では結構あちこち改良が施されているようです。
大きなところでは
 ■Folding@Home への対応
 ■バックグラウンドダウンロード対応
がありますが、この blog 的には
 ■内蔵HDDにパーティションを切らなくても Linux の起動可能になったこと
が一番うれしい改善点です。
他にも色々と違いに気がついた点があるので書いてみます。


●XMB (クロスメディアバー) でマウスとキーボードが使える

USB でつないだキーボードやマウスでクロスメディアバー画面の操作ができるように
なっています。カーソルキーとかマウスの移動、ホイールでメニューもアイコンも
動きます。XMB から Linux への切り替えも Linux の起動もコントローラなしに
できるようになりました。

惜しいのは、マウスだけでは (×) ボタン相当の操作ができないこと。
右ボタンはメニュー呼び出しの (△) が割り当てられているようです。
キーボードの ESC だといけます。
 

●リモートプレイの設定が楽になった

「リモートプレイ設定」が増えていて、PSP を USBモードにしてつなぐだけで
いろいろ設定してくれます。これまでちまちま手作業で設定をしていたのが
嘘のように簡単につながります。
その代り、すでに PSP をつないでいた場合もあらためて登録が必要になりました。


●リモートプレイでゲームが選べるようになった

XMB (クロスメディアバー) の「ゲーム」もリモートプレイから見えるように
なっています。HDD に入ってるゲームの選択もできますが、全部リモートプレイ
未対応だといって怒られました。

とりあえずHDDに入っていて怒られたものたち
・まいにちいっしょ
・鉄拳5 DARK RESURRECTION
・グランツーリスモHDコンセプト
・みんなのGOLF5体験版
・BLAST FACTOR体験版
・RIDGE RACER 7体験版
・Folding@Home

リモートプレイ対応ゲームがそのうちリリースされるのではないでしょうか。
Folding@Home の対応を強く希望します。


Playstation3 のファームウエア v1.60 で追加された Folding@Home をはじめました。
SCEJ、プレイステーション 3に「Folding@home」支援プログラム搭載 タンパク質の折りたたみ現象の研究に寄与

非常に重い時間のかかる作業を、みんなで分散して求めてしまおうというものです。
使っていないあいてる時間に計算させるだけなので、CPUという演算資源の
有効活用になります。

なので本来ゲームのように遊べるわけでもないし、
見ていてものすごい楽しめるものでもないし、
進行も進んでるのかどうかわからないくらいゆっくりゆっくり。
ほんのわずかだけどみんな集まれば大きな力になるよ、
と、そういう性質のものでした。


PS3 ではこれがハイレゾの美しい画面でグラフィカルに表示され、
同じように協力しているユーザーの分布が世界地図に表示されてと、
なかなか見ごたえのある凝ったものになっています。

特筆すべきはやっぱり PS3 の貢献度が高いことで、
結構な速度でシミュレーションが進んでいきます。
意外にも、自分も役立ってるのではないか、と体感できるくらいです。

何せ PS3 を 2台も持っているので、、、
あいてる時間に走らせておくだけでも十分ミュレーションが進みます。
だいたい1日半くらい走らせて合計で 5シミュレーション完了しました。

順位を確認できたりチームを作ったりと結果を見る仕組みがあって、
かつ PS3 だと順位も上がりやすいので、これがますますモチベーション
アップにつながります。

初日はサーバーが過負荷だったようで全く繋がらない状態が続いてました。
今は比較的落ち着いています。

PS3 のメニュー画面、ネットワークのところに入っている Folding@Home の
アイコン上で (△) ボタンを押すと自動起動を選べます。
設定しておけば、アイドル時間が続くと勝手に Folding@Home が立ち上がって
くれるようです。

Cell が描いていた当初の構想に、ようやく一歩近づいた・・・と少しは
言えるようになったのではないでしょうか。
分散コンピューティングにマッチした題材は少ないように見えて、意外に
多い宝の山なのかもしれません。
複雑かつ分岐の多い巨大なアプリケーションは、従来手法の発展から
生まれ出たものです。
大量のコアや並列化が進むと、従来不可能だと思って捨てていた
単純だけど時間のかかるアルゴリズムが実用になる時代がくるのかもしれません。

そう思える初のアプリケーションでした。


PS3 Linux きた!v1.60ファームで起動改良!」の続きです。
Playstation3 の内蔵 HDD にパーティションを切らなくても
Linux の Live CD が起動することを確認できました。
(試したのは Debian LiveCD 20070114 版です)

以前「PS3 Linux のちょっと残念な点」で書いた問題点が、
これでひとつ解決したことになります。

これまでより簡単に Linux の LiveCD を試せるようになりました。

初めて起動するまでの手順はこんな感じになります。
(内蔵HDDのバックアップ、フォーマット、リストアが不要になりました)


(1) 他のシステムインストーラ(otheros.bld)を準備する
 ・ダウンロード元

(2) 「設定」→「本体設定」→「他のシステムのインストール」から otheros.bld をインストールする
 ・参考ページ「PS3 に Linux を入れるまでの手順」
 ここでインストールされる otheros.bld は kboot と呼ばれるブートローダーで
 PS3 本体のフラッシュメモリに書き込まれます。

(3) PS3 用の Linux の Live CD を手に入れる/焼いておく
 ・参考ページ「PS3 Linux Debianの Live CD が来た!」
 LiveCD は Debian 以外にもあります。cellfan PS3 Linux

(4) LiveCD を挿入する
 USB キーボードとマウスも忘れずに PS3 につないでおきます。(重要)

(5) 「設定」→「本体設定」→「優先起動システム」から「他のシステム」を選択する
 「今すぐ他のシステムを起動しますか?」ときかれるので「はい」

これで再起動後に kboot が立ち上がり、その後 LiveCD が起動します。
画面モードがデフォルト (480i/480pなど) になるので注意です。
起動のコツは「画面が止まったかな?」と思ってもしばらく待つことです。



●注意事項

優先起動システムを切り替えたので、次回からは電源を入れても必ず kboot (Linux)
が起動します。

GAME-OS に戻る方法

・kboot: や起動した LiveCD の コンソールから「 boot-game-os 」を実行する。
 エラーが出るときはフルパスで「 /sbin/boot-game-os 」

・それでもだめなら、電源ボタンの長押しで PS3 の電源を入れると強制的に GAME-OS
 で立ち上がります。


Playstation3 の新しいファーム v1.60 が 2007/03/22 に公開されました。
どうやら他のシステム周りの起動方法が変更されているようです。
もしかしたら、内蔵HDDに他のシステム用のパーティションを切らなくても、
DVD から Linux 起動ができるかもしれません!!

とりあえず次の実験をしました。

(1) すでに Linux を install してあった PS3 を v1.60 にファームアップ。

(2) v1.60 で内蔵 HDD を再フォーマットし、全部を PS3 に割り当てる。
 これで内蔵 HDD の Linux は消えた。

(3) 本体設定から「優先起動システム」や「他のシステムインストール」を選択
 できることを確認。

(4) 優先起動システムを他のシステムに切り替えて、内蔵 HDD に Linux 用
 パーティションがまったくなくても kboot が起動することを確認した。

v1.5 までは、内蔵HDDにパーティションがないとこれらの選択ができませんでした。

ただし、購入直後でまだ他のシステムインストーラを実行していない状態だと
上記のメニュー選択ができるかどうかはまだわかりません。
これで「他のシステムインストール」が選択できたら完璧です。
ユーザーが作った Linux の DVD 等を比較的簡単に起動できるようになったはずです。


● v1.60 のわかっている改良点のまとめ

・本体内蔵HDDに、他のシステム用パーティションを切らなくても、他のシステム
 インストールや起動システムの変更が可能になった。

   これで DVD から boot するだけの Linux を導入するための敷居が
   大幅に下がったはずです。

   考えられるメリットは
    ・DVD 起動する Linux を簡単に試せる。
    ・ユーザーが作った PS3 (Linux) 用ゲームなどを配布しやすくなる。
    ・この blog で解説してきたように外付け HDD から Linux を起動して
     使うならば、内蔵 HDD は全部 GAME 用にできる。


・優先起動システムを「他のシステム」に切り替えると、その場で他のシステム
 を起動できるようになった。
   以前は GAME-OS → Linxu の切り替えでは、いったん電源を切ってから
   また入れなおす必要がありました。
   これでいちいち電源を切る手間が省けます。
   ますます Linux の Live CD などを試しやすくなります。

またわかったことがあったら書き込んでいきます。


120日コースでやっと半分ほどでしたが、なんとジェルに逃げられました。
ええ、部屋でなくして数日記録がつかなかったり、
風邪ひいて寝込んだり、
超多忙で身に着けてない日が続いたりと
すっかりさぼり気味だったのが原因です。

前半はかなりノルマを気にしてマメに歩数稼いで頑張ったんだけどなあ。
だいたい1000歩10分換算なので、あと3000歩だから 30分ほど歩いてこよう
といった感じで。

今度は 30日の短期で再スタートすることにします。

そういえば DS 本体側は全く起動してないです。
もしデータの保存に DS 側も必須だったらたぶん無理。絶対続いてないです。

グラフ表示とかもちゃんと使えば便利なんだろうけど、
DS まで持ち歩くのは大袈裟だしカロリーや体重などの入力もめんどうで。
その分歩数計側だけでもしっかり長期の記録が残るのが良いところです。

てくてくエンジェルその2
てくてくエンジェル Pocket with DS 日記